MAVIC発のニュートラルサービス日本での活動に密着 “RETURN TO PELOTON”【Tour of Japan 2022】

MAVICが始めたロードレースのニュートラルサービス、SSCの活動に密着しました。

今回はツアーオブジャパン2022 相模原ステージの舞台裏、MAVICのニュートラルサービスの1日を追っています。

 

テレビには映らないロードレースの舞台裏で繰り広げられる選手たちの表情と、それを支えるニュートラルサービスのリアルをぜひご覧ください。

 

ぜひ動画でもご覧ください。

 

※SSC…”Special Service Course”

 Courseはフランス語で競走、レースの意味

 

ニュートラルサービスとは

 

全ての選手に、公平で中立の立場からサポートするのがニュートラルサービスです。

1972年、当時のMAVIC社長がロードレースを見に行った際にレースのディレクターカーが故障してしまい、自分の車を貸したことがありました。

そこからヒントを得て、中立な立場でサポートする車を出せば、選手、チーム、主催者に公平な対応ができるということを思いつき、ニュートラルカーをスタートさせました。

世界で最初にニュートラルカーを走らせたのが、MAVICであるということです。

 

 

ニュートラルサービスの活動

すべてのチーム、すべての国籍、すべての選手に対してサポートを行うため、機材が異なります。

その機材をスタート前にしっかりチェックし、準備をするのがとても重要です。

ギアの数、ディスクブレーキの場合はそのディスクローターの大きさや、空気圧も大切なポイントになるので、しっかりとセッティングして準備を行います。

レースが続く場合は、レース終わりにすぐ洗車、ホイール等のチェック、翌日の準備に入るのでその日のレースが終わってもSSCの活動が終了するわけではありません。

 

レースの最中は目まぐるしく集団がブレークアウトしたりくっついたりを繰り返しますが、そのレース展開に対して瞬時にポジションを移動する必要があります。

その際にニュートラルカーのチーム内で情報を交換しながら、安全かつスピーディーにポジションを変えていきます。

マヴィックカーに乗っているSSCメンバーは、自分が使いやすいように使う頻度の高い順にホイールを配置し、すぐ手に取ってサポートに向かえるよう準備を怠りません。

トラブルや選手の状況は、その都度無線でSSCメンバーに共有、他のニュートラルカー、ニュートラルモトがどこでどんな対応をしたのか、常に情報は共有します。

 

トラブルがあった際、チームカーでは対応できない事までサポートできるのがニュートラルサービスの強みと言えるでしょう。

『プロトン』という集団から飛び出した選手に対して、サポートできるようすぐ後ろに付けるのがニュートラルサービス。

チームカーは1分30秒以上離れないと、そこに入れません。

 

ニュートラルモト(バイク)は山岳コースや、コースの狭いところでのトラブルに威力を発揮します。機敏な動きができるので、こちらもニュートラルサービスには欠かせません。

 

頑張っている選手のお手伝いができれば、トラブルやニュートラルサービスの活躍がないのが一番だと思っています。

サポートした選手が集団に復帰したり、そのまま入賞、優勝したりする『サポートが実った瞬間』がとても嬉しいとSSCメンバーは口をそろえて語ります。

この日は雨のレースでしたが、選手にも大きなトラブルや怪我がなく終えられて一安心して、次のレースに向かってくのでした。

 

MAVICのニュートラルサービスは、レースはもちろん全てのサイクリストに対してのサポートを目指して活動を続けます。

 

MAVICマイスター、第4弾合格者発表!

価格改定のお知らせ