MAVICのニュートラルバイク「STRAUSS DISC」導入! 自転車レースにおけるニュートラルサービスの サポート体制を拡充

ニュートラルサービスで使用するニュートラルバイクとしてホダカ株式会社のスポーツバイクブランドKhodaaBloom (コーダーブルーム)」のアルミレーシングロードバイク「STRAUSS DISCを新たに導入致します。

世界のホイールのトレンドはナローリムからワイドリムへ、そして自転車のトレンドはリムブレーキからディスクブレーキへと変化して来ています。 国内のレース現場も例外ではなく、国内トッププロチームの殆どがディスクブレーキバイクを採用してきている中、レース現場にいち早く対応する為マヴィックジャパンは4台のディスクブレーキ対応のニュートラルバイクを投入いたしました。

これにより、自転車レースにおけるニュートラルサービスのサポート体制を拡充いたします。

 新型のマヴィック「ニュートラルバイク DISCブレーキ仕様」は、1011日(日)に開催されるロードレース「経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ」にて登場、選手を安全にサポートします。

 

NEUTRAL SERVICE ~中立に技術サポートする~

「ニュートラルバイク」とは、レース現場において、チームや国籍に係わらず中立的な立場で選手のサポートを行う「ニュートラルサービス」において使用されるバイクのこと。マヴィックはこの取り組みを、世界各地、国内では年間80以上のレースやイベントで実施しています。この全てのライダーを支えるイエローカー(MAVICカー)は、プロのレースシーンのみならず、アマチュアのレースイベントにおいても、トラブルをその場で解決すべく最善を尽くし、すべての選手たちが無事にゴールを切れるようにサポートしています。本国フランスでは1972年より、日本国内では1996年よりスタートしたこの取り組みは、マヴィックのブランドポリシーとも言えます。

 

MAVICニュートラル・バイク 「KhodaaBloom (コーダーブルーム)  STRAUSS DISC

国内最高峰のレースを走るレーサーのフィールドバックを反映し、ライダーのパワーを余すことなく、尚且つ扱いやすいアルミモデル。

マヴィックジャパンのレースサポート部隊であるSSC(Spécial Service Course) は一人でも多くの選手をゴールさせたい。

そのような想いから、選手が扱いやすく、高いレース強度でも満足できる自転車を求めていました。

メインフレームサイズは日本人レーサーが多く使う465㎜を2台。430㎜と500㎜を1台ずつ組み合わせる事により、国内開催のUCIレースでも対応出来るようにしております。

マトリックスパワータグが、MAVIC Cosmic SLR 45 Disc JAPANモデルで 第54回 JBCF 経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップに参戦!

さらに軽量化した2021年モデルのCOSMIC SLRのリムが凄い!