日本特別仕様のCOSMIC SLR 65 Disc JAPANモデル』を数量限定にて7月16日に発売!

このモデルは、リムテープレス仕様 FORE CARBON 搭載のSLRシリーズの初の65㎜ハイトリムでロードレースやトライアスロンに必要な高速巡行性をもたらすカーボンディスクブレーキホイールとなります。

高さ65mmエアフォイルリムが空気抵抗を最低限に抑えながら風を切って進むことを可能にし、26mm幅のプロファイルが横風を受けても極めて優れた安定性を保ちます。マヴィック特許の楕円形スポークも採用され、さらに5ワットのパワーが節約されることで、効率性が最大限に高まっています。

なお、全国100店舗以上のTRY MAVIC SHOPで試乗も可能

COSMIC SLR 65 Disc JAPANモデル

 「コスミック」という名前は常にスピードとパフォーマンスの代名詞であり続けてきた。この65mmのディスクブレーキ用タイプも例外ではない。平坦なコースや風の中でのライドでは、このシリーズ最速のパフォーマンスを発揮する。

数量:限定80セットのみ

重量:1550g

価格:260,000(税別)

716日発売

スペック

Rims

  • 表面層に新しいUD²仕上げを採用
  • リムハイト65mm, リム外幅26/内幅19㎜、 NACA リムプロファイル
  • ディスクブレーキ専用形状

Hubs

  • インフィニティハブプラットフォーム: 高剛性のアクスル、耐久性の高いベアリング, 干渉しないスポーク組み
  • 軽くて速いフリーホイールテクノロジー(ID360)
  • 自動的な与圧で調整するベアリング (QRM Auto)

Spokes

  • 特許取得済みの楕円形エアロ形状

MAVIC アンバサダーの太田麻衣子さんも使用

学生時代からトライアスロンを始め、エリートカテゴリーで26歳まで活動。日本選手権8位、U23世界選手権代表などを経てラプレムを立ち上げ、トライアスロン、OWS、スイムラン、マラソンされる方のコーチングをしている。

ロングの最高峰IRONMANの世界選手権(コナ)に2021年初出場する予定で、表彰台を目指してトレーニング中。

 2021年は様々な距離のレースに積極的に出場し、横浜トライアスロン(51.5)では総合優勝を果たす。

現在、COSMIC SLR 45 DISCをメインに使用しており、前作の65㎜ハイトのモデルとは風の状況によって使い分けていた。今回のこのモデルは前作の65㎜ハイトのモデルよりも、リム外周が軽くなっており上りコースも違和感なく使えるため、COSMIC SLR 65 DISCがメインになりそうとのこと! 

 テクノロジー一覧

Fore Carbon

  • リムのアッパー部分は頑丈で、密閉されリムテープが必要ない
  • スポークは直接内部にネジ込まれ、最も強力で剛性があるリム/スポークの結合である。
  • それとは別に、リムラミネートは、速い加速と快適なハンドリングの為にチュンナップされ、さらに軽く作られている

PATENDED AERO SPOKES 

  • 特許された楕円のエアロスポ ークにより低いドラッグで5ワットセーブすることが可能

新しいUSTチューブレスリム形状

  • 中央の溝がさらに開くなり、ワイドタイヤを含めタイヤの着脱が簡単に
  • ETRTO規格に沿った精密な構造でより安心に

インスタントドライブ 360

  • 高速で噛み合い(9°,40ノッチ)でスピーディーな加速を実現
  • 最大限のパワー伝達とホイールの安定性を実現する高いアクスル剛性
  • 高い耐久性、工具不要のメンテナンス性、使い勝手の良さ

インフィニティ―ハブ プラットフォーム

  • フロント・リアともの共通のスポークのため、メンテナンス性に優れる。
  • 正確にCNC加工されたハブシェルがスポークディッシュとスポークの配置を最適化し、安定した硬くて耐久性のあるホイールセットを実現。
  • 接触しないスポークの組み込み:ライド中の異音を発生させない。
  • QRM オート:オートマチックベアリングがあらかじめ調整されている。
    • ストレートプルスポークでスポーク折れがしにくく、頑丈。    

 

夏のライドを快適にするためのおすすめアイテム

激坂ヒルクライムを攻略 | 安全に下るダウンヒルのポイント